カテゴリ: 卓球

こんにちは!
練習量が減って思うように勝てない東山でございます。

長かった2018年もあと少しで終わり、ということで今回はこの1年間自分のプレーを支えてきたであろう用具の1つであるゴールデンタンゴのレビューをしていこうと思います。7枚合板や硬い5枚合板やインナー素材などコロコロラケットを変えたもののこのラバーはあまり変えませんでした

○基礎打ちの感想
【打球感】
キョウヒョウネオ3と比べるとシートが柔らかいせいか、ベチっていう鉄板ラバーで打った感触ではなく、ペチっていう軽快さも感じるような打球感でした。

【弾道】
ここが異常。基礎打ちの時点でおかしな弧線が出ます。台からオーバーするかな?って直前で落ちてくれる

【弾み】
ここ最近の粘着ラバーの水準からしたら最高級だと思います。テンションラバーと比べてもあまり遜色ありません。

【弾き】
悪くはないが、弾く系統の技術は難しい。

【コントロール】
回転の影響を受けるので難しい時がある。

【重量】
従来の粘着ラバーと同じ水準です。



○各技術の感想
【ドライブ】
異常に高い弧線が出る。擦っても食い込ませても入れやすい。対下回転がとても楽。対上回転もスリップしないので積極的に振っていける。粘着ラバー的な変化もあり、台についてから伸びたり、上に上がったりする。球が軽く(特に食い込ませるドライブ)、ブロックやカウンターはされやすい。

【スマッシュ・ミート】
とても変な打球感で打ちにくい。球持ちがあるのに硬い?みたいな体験したことのない打球感。どう打っても少し弧線になるので入れるのも難しいが威力は普通。慣れが必要です。

【ブロック】
入れるのはしやすいが、当てるだけだと高い球が入るので連続攻撃を許してしまう形になる。
擦ってあげると質のいい伸びるブロックができます。

【ツッツキ・ストップ】
弱いタッチだと回転の影響を受けがち、また強く切りたい時には難しさを感じる。特にツッツキはきちんとシートで薄く捉えることが大事だと感じた。粘着だから回転量はあるしコントロールがちょっと難しいことを理解しておけば質のいい球が出ます。

【台上攻撃】
フォアメインで使ったのでフリックについて説明します。ミート系は前述した理由で難しい。回転系は上に出るため、コースを考えないと攻め返されます。全体的に遅いですが、安定はします。

【カウンター】
最近流行りのミート系のカウンターは苦手ですが、擦るカウンターの安定感は流石。

【ロビング・フィッシュ】
回転をかけ続けて粘るだけでも癖玉が出ることがあるので結構良さげ

【寿命】
半年経ってもシートに目立った擦れ跡は残ってません。弾みもあまり変化を感じません。

○総括
​メリット
・従来の粘着ラバーより弾みやスピードは桁違い
・弾みがあるためある程度下がっても戦える(むしろ中陣に近い方が戦いやすい)
・弾みの割に癖玉も出る
・粘着ラバー特有のフォームが必要ない
・下回転打ちの安定感
・ループドライブの弧線が調節しやすい


デメリット
・台上が粘着ラバーにしては気を使う
・前陣で戦うにはオーバー気味
・硬くて弾むのでスイングスピードがないとオーバー
・攻め球が全体的に軽く、ブロックされやすい


粘着で弾むのに癖玉は出るといった夢のようなラバー。まさに粘着革命。でも良いことばかりではなくて、ドライブの球質が軽いのでコースを考えないと簡単にブロックやカウンターをされてしまいます。それに加えて台上技術も従来のカチカチ粘着ラバーと違い、上に出やすいので丁寧に薄く捉えることが重要になってきます。回転の影響の受けやすさも粘着ラバーそのものです。
使って欲しい選手としてはフットワークを活かしたラリー型のフォア主戦の選手や、強烈なバックハンドの一撃を持っていてそれの凌ぎで中陣でフォアは粘っておきたい人にオススメだと思います。

このラバーのおかげで関東学生3〜4部レギュラーや段持ち選手などに勝ったり良い勝負ができたりで今年はジャイアントキリングがいっぱいできました。とにかくこのラバーの魅力はドライブの安定感にあると思います。弱点の球の軽さも癖玉やコース配分でカバーできると思います。自分は現在、両ハンドでフォアでも色んな技術が出来るようになるためにこのラバーをメインに使っていませんが、フォアを振れる土台を作れたのはこのラバーのおかげだと思っています。初中級者で背伸びが出来てとにかく勝ちやすいラバーではあると思います。


暇な時間にグダグダしがち。どうも東山です。

最近は卓log会からの練習のお誘いが多く、レベルが高く質も高い練習が出来てとてもありがたいですね。

最近は練習もそうですが、大会に参加する頻度が高くなってきました。

そこで今回は自分なりの大会で緊張しない技術を記していきたいと思います。

まずは試合序盤で体があったまってない状況で緊張してしまう場合の対策です。

①球をよく見る  重要度☆☆☆

当たり前ではありますが、球を見れなかったらまずラケットに球が当たらない。練習した内容を頭に入れながら球をよく見ることで、ミスは激減し、試合中の自信がつきます

あとは緊張してる時に足を動かせってアドバイスがよくありますが、大会の序盤はどのように足を動かすかに迷いが生まれがち。

球を見ることで、その球に追いつくように足を動かしていれば自然と足も動き、緊張もほぐれていきます。

②打球時に声を出してみる 重要度★☆☆
オフチャロフ選手とかがよくやってるアレですね。実はアレは打球時だけに力を集約させやすい、当たるタイミングに合わせることでタイミングのズレをなくせるといったメリットがあることのほかに、体全体、特に上半身の力みが抜けるといった効果があります。

試合前の練習、試合序盤ででイマイチ調子が出ない時に、普段から声を出してない人でもやってみたら調子は出やすいので是非試すべき。

③自分の得意な技術ばかりやる 重要度★☆☆

練習で出来ないことは試合でも出来ません。試合前の練習でミスが多い技術ばかり練習すると、これ本番やばいんじゃないかと更に緊張します。

出来る技術ばかりやることで自分に自信がついて試合でも力を発揮できるはず。


④力の抜けている選手の動画を観る 
重要度★★☆

力を抜いて打球をしているように観える選手の動画を観て、自分を重ねると自分も力が抜けているかのような錯覚を受けます。

ぼくのおすすめは丹羽孝希、ピッチフォード、カラカセビッチ、オサンウン、ワルドナーですね。

自分のプレーとプロのプレーを重ね合わせて自信をなくしてしまう人にはこの方法は向いてません。

次に競った場面での緊張の対策です。これはだいぶ人によって賛否あります。

①自分の得意なシステムを使う
自分の得意なシステムを使うことで緊張感をなくす手法です。
長所としては使い慣れてる技術の組み合わせなのであまり小難しいことを考えずに済むことです。
短所としては自分の得意なシステムが相手が受けるのが得意であれば自信を持って出来ても、点数に繋がるかはわからないところです。

②相手の苦手なシステムを使う

相手の苦手なシステムを使うことで、点が取れるという確信を高め、緊張感をなくす手法です。
長所は相手の苦手な技術を使わせるのであれば、ラリーが続く可能性は低く、楽に終わらせられる可能性は高いです。
短所は自分がそこまで自信のない技術を使わなければならない場合は逆に緊張感が出てしまうことです。

③サーブまたは3球目で決める

こちらもラリーになる前に決めるつもりで行くので楽に終わらせられると考えられてメンタルの負担が減ります。
サーブで決めるつもりでいるとレシーブが返って来た時にガタガタになるので注意したいです。
あとは当たり前ですが、サーブ権が相手だとこの考え方は使えません。

​まとめ

自分が考えてるのはこんな感じですが、何が一番言いたいかというと、自分が伸び伸びとプレーできない原因になっているプライドや価値観を考える。それは試合においてはどうでも良いということを自分で納得させる。
緊張感はマイナス思考から来るものであり、それを取り除いてプラス思考を少しずつ強くしていくこと。
これらの過程は人によって違うと思うので、実際に大会に出て、反省と実践を繰り返すことでだんだんわかってくると思います。
最近の自分は緊張に打ち勝つというよりは緊張感を楽しむといったやり方もなかなかありかなと思っています。

明日は川越団体戦。朝早いけど頑張るぞー

こんにちは
いつのまにか今年も1ヶ月と少しになってまいりました。
11月は大会をほぼ毎週入れていますが、農工杯はその第1弾となります。

練習は大会前の1日だけで久しぶりの試合ということもあって序盤は要らぬ緊張をしてしまった節がありました。

農工杯は団体戦で4S1D、さらにはダブルスが5番というちょっと特殊な試合形式でした。
予選3チームで戦い、1位と2位は順位別の決勝トーナメントに進めるという大会形式でした。

予選

1回戦目 VS関学連3部大学レギュラーのOB+αチーム
0-3負け

自分は3Sで出まして、その世代のエースの人と当たりました。結果は0-3負け。
敗因としては初戦で全然足が動かなかったこと。そしてサーブが高くなり、チキータを許してしまったことが2つの大きな敗因だと思われます。
あと相手の特徴としてボール自体はそこまで早くなく、球質も返しやすい感じであったが、ドライブを打っても打っても返されて、コースを突かれて崩されたところを決定打を打たれるという非常に完成されたラリー卓球でした。

チームは1-3で負け。うちのエースが一番取れそうな人をサラッと取ってくれました。

2回戦目 VS関学連5部の4年生チーム

またもや3Sで出ました。
相手は裏粒シェークでサウスポーとイヤーな感じの選手。

こちらは得意の台上からの展開でいきましたが、相手が思ったよりストップやハーフロングに対して無理にドライブを打とうとしてくれて、それを丁寧にブロックでコースを突いて終始その展開で3-0勝ち。やはりサウスポーに対しては3球目をそもそも打たせないか、打たせるしかないならどうするかってのを考えるべきですね。

今回は相手のサーブがそこまで上手くなかったので、前者で行けましたが、サウスポーは基本的にサーブが上手い人が多いので…

チームは3-2勝ちでギリギリ勝利。チーム1人1人がきちんと取れるところを取って勝てた感じです。

本戦(2位トーナメント)
1回戦目 VS関学連4部の4年生レギュラーチーム

ここも3Sで出場。相手は裏裏シェーク右で大学生にしてはバックハンドはそこまで振ってこなかったが、堅実な攻守に点を奪われ0-3負け。
自分が3球目を打つ時は点を取れることが多いですが、要所で相手に自分のサーブ時に点を取られたり、自分がミスをしたりでダメだった。
バックの練習はしているのですが、どうもバックからの展開が読めずに待ちを作れずに自爆することが多かった印象でした。

チームは0-3負けでした。圧倒的な技術力の差で負けました。

総括
チームの一員としては勝てるとこは勝った(と思う)だが、まだやれることはあると感じた。
特に試合立ち上がり時のフットワークや切り返しの遅さはそうなってもどうにかなるような明確な対策を立てたい。
1セット目オールフォア→2セット以降調子出てきたらバックも使うって形の方が変に緊張しなくていいのかも。やはりバックは緊張してると打球タイミングが掴みづらい。

あとは根本的なバックハンドとフォアハンドの連携が悪かった。これは完全に練習不足。両ハンドを振ろうとすると、ボールの予測に加えてフォアバックどちらで打つかという選択肢も瞬時に絞る必要があり、その訓練が足りなかった。来週も大会はあるしフォア主戦でもバックハンドの使える技術の落とし所を見つけたい。







こんばんは、お久しぶりです。

部活も引退し、練習場所や相手に困る毎日を送る東山です。

今日の練習である気づきをしたので書き記して行きたいと思います。
当たり前だろと思う人にはあたりまえかもしれませんのでそこだけは初めに言っておきます。

最近の試合での自分の得点パターン、失点パターンを冷静に分析していたところ、意外なことにラリーでの得点が多いということに気づきました。

自分の中の得点率では
サーブ20%
3球目40%
攻撃的レシーブ20%
ラリー20%
相手のミス10%

くらいで得点をしているイメージだったのですが、実際は

サーブ10%
3球目35%
ラリー35%
レシーブ10%
相手のミス10%

で意外とラリーで得点していることがわかりました。

自分はフォアハンドが得意でバックハンドがあまり得意ではなくて、3球目で得点を作るゲームメイクを意識していて、ラリーでの点数は考えていなかったのですがなぜこうなったのでしょうか

前置きが長かったですが、ここでラリー型の定義について考えてみたのでそれを話したいと思います。
ラリー型というと3球目以降で点を取りにいく戦術で最近流行りの戦型で両ハンドでドライブやブロックを駆使してピッチを早くして相手の処理を追い付けなくする戦型を思い浮かべるのではないでしょうか。最近の中高生はほとんどこれです。例にするなら張本くんがまさにこれに該当すると思います。
IMG_5499


でもラリー型をラリーを続けて得点することを定義とすると実はこれだけではなかったんです。

こんな戦術を試合でする人は中級者ではあまりいないでしょうが、下回転サーブからツッツキやストップを延々と相手がドライブやフリックを打つまで続ける戦術もラリー型と言えると思います。

カットマンも得点の仕方が違うだけで、下回転でラリーを展開していて、相手のミスを待ったり、チャンスボールを打ちにいったりする戦型でラリー型とも捉えられると思います。おそらくペン粒もここにカテゴライズされます。

今回自分がどのような戦術を取っていたかと言うと、ラリーが早くなりそうになったらループドライブやフィッシュなどで中陣で粘り続けて、チャンスボールが来たら強打したりラリーを自分から早くするといった戦術です。これもラリー型に定義できると思います。イメージはちょっと前のアポローニャかなぁ(最近は割とバックも振ってる)
IMG_5500


実はこの戦型はオープン大会でもよく見かけます。

なぜこの戦術がここまでオープン大会で見かけるのかというとおそらくいろいろ「楽」だからだと思います。

昨今の両ハンドラリー型は中打(60〜70%での打球)を5球分くらい打ち合うわけで5球分程の球を高速ラリーをしながら予測して得点につなげるのがなかなか難しいし、両ハンドを同じくらいの威力で振れないと100%動き切れない

ですが、この自分の取っていた戦術はチャンスをひたすら待つために繋ぎ(〜40%の打球)が多めで、フォアでもなんとか動ききれる球のピッチで、チャンスボールをどうやって作るかに考えが集約されるので戦術が作りやすい、繋ぎの質を上げれば繋ぎでも得点を上げれる。


このように練習量が足りなくて現役時代はフォアハンドやフットワークを多く練習していた人でもこの戦術は成り立つので使われてるのかなと。

だけど両ハンド型はさまざまな戦術に対応しやすく、万能さで言えばやはり最強戦術だと思います。(結論)

もうあと数年で自分も社会人ですが、練習が少なくても勝てるように工夫するようになれるように努力したいなぁと深く感じました。





こんにちは。
この3連休でシングル大会→ミックス大会→試打会をして卓充と化した東山です。

今回はITS三鷹さんで試打会があり、様々なラケットラバーを試打できたので良かったものを簡易レビューしたいと思います。ラケットはあの短時間だと良さを知るのが難しかったのでラバーの良かったもののみを紹介します。

1.ヘキサーグリップ
IMG_5429

とにかく入る。スイングスピードが遅くてもドライブでは弧線がかなり安定します。下回転打ちも違和感なし。
ツッツキだけちょっと柔らかいので調整必要かも。バックに最適かな
値段も学生や我が子をクラブに通わせている親のお財布に優しい4,860円!実売価格でさらに安く!(アンドロの回し者ではありません)

2.インパーシャルXS
IMG_5433


試打前に自分ではこれが良いと感じるとは思いませんでした…完全なるダークホース登場です。
普段裏ソフトをバックに使ってる分、表は滑るイメージがあるんですが意外にも下回転を持ち上げやすい。ツッツキもあまり違和感はなし。もちろんミートも良し。
最近の柔らかくて回転値は低めのミート重視の裏ソフトラバーと同じ運用法でいけそう!
部活を引退したら遊びじゃなくてもこれは本職として使えるかも

3.ヴェンタススピン
IMG_5431

タクティブコーチ激推し(偏見)のヴェンタス。
総合的にバランスが良い。中でもスピンは中級者のバックにぴったり。個人的には柔らかいラバー特有の力を入れなくても勝手に飛んでいく感覚が弱めなのが良かった。(弾み自体は弱めのスワットに貼ってたからかもしれない、要検証)

4.ターゲットプロGT-H47
IMG_5432

これも総合力高です。でも回転のかけ方にコツが必要みたいで、厚めに擦る(食い込ませる)ことで走った球が入った。サーブはちょっと回転のかけ方がよくわからなくて難しく感じました。これも回転のかけ方の癖に関係してるのかな?
これはフォアにもバックにも行けるやつです。スポンジ硬度に比べてちょっと柔らかめに感じます。
51も打ちましたがこっちはハードヒットで水平スイングを要求されるようでまた毛色が違いましたね。
値段は6500円超と高いですが、寿命は流石ミシュランとの共同開発とだけあって半年ほどはもつそうです(週3日くらいを仮定)

今回の試打会で個人的に良かったのはこの4つですかね?バックメインでの感想なので色んな技術が安定してやりやすいものが好印象に感じました。

フォアでももちろん試打はしましたが、最近の同じ硬度のラバーだったら何打ってもよくわからないのが正直な感想です。受け手の人にきいた方が正確なレビューになりそう。

自分も受け手をしましたが感想としてはラバーにはドライブ1つ取っても弧線に個性が現れることがよく分かりました。


↑このページのトップヘ