こんばんは、お久しぶりです。

部活も引退し、練習場所や相手に困る毎日を送る東山です。

今日の練習である気づきをしたので書き記して行きたいと思います。
当たり前だろと思う人にはあたりまえかもしれませんのでそこだけは初めに言っておきます。

最近の試合での自分の得点パターン、失点パターンを冷静に分析していたところ、意外なことにラリーでの得点が多いということに気づきました。

自分の中の得点率では
サーブ20%
3球目40%
攻撃的レシーブ20%
ラリー20%
相手のミス10%

くらいで得点をしているイメージだったのですが、実際は

サーブ10%
3球目35%
ラリー35%
レシーブ10%
相手のミス10%

で意外とラリーで得点していることがわかりました。

自分はフォアハンドが得意でバックハンドがあまり得意ではなくて、3球目で得点を作るゲームメイクを意識していて、ラリーでの点数は考えていなかったのですがなぜこうなったのでしょうか

前置きが長かったですが、ここでラリー型の定義について考えてみたのでそれを話したいと思います。
ラリー型というと3球目以降で点を取りにいく戦術で最近流行りの戦型で両ハンドでドライブやブロックを駆使してピッチを早くして相手の処理を追い付けなくする戦型を思い浮かべるのではないでしょうか。最近の中高生はほとんどこれです。例にするなら張本くんがまさにこれに該当すると思います。
IMG_5499


でもラリー型をラリーを続けて得点することを定義とすると実はこれだけではなかったんです。

こんな戦術を試合でする人は中級者ではあまりいないでしょうが、下回転サーブからツッツキやストップを延々と相手がドライブやフリックを打つまで続ける戦術もラリー型と言えると思います。

カットマンも得点の仕方が違うだけで、下回転でラリーを展開していて、相手のミスを待ったり、チャンスボールを打ちにいったりする戦型でラリー型とも捉えられると思います。おそらくペン粒もここにカテゴライズされます。

今回自分がどのような戦術を取っていたかと言うと、ラリーが早くなりそうになったらループドライブやフィッシュなどで中陣で粘り続けて、チャンスボールが来たら強打したりラリーを自分から早くするといった戦術です。これもラリー型に定義できると思います。イメージはちょっと前のアポローニャかなぁ(最近は割とバックも振ってる)
IMG_5500


実はこの戦型はオープン大会でもよく見かけます。

なぜこの戦術がここまでオープン大会で見かけるのかというとおそらくいろいろ「楽」だからだと思います。

昨今の両ハンドラリー型は中打(60〜70%での打球)を5球分くらい打ち合うわけで5球分程の球を高速ラリーをしながら予測して得点につなげるのがなかなか難しいし、両ハンドを同じくらいの威力で振れないと100%動き切れない

ですが、この自分の取っていた戦術はチャンスをひたすら待つために繋ぎ(〜40%の打球)が多めで、フォアでもなんとか動ききれる球のピッチで、チャンスボールをどうやって作るかに考えが集約されるので戦術が作りやすい、繋ぎの質を上げれば繋ぎでも得点を上げれる。


このように練習量が足りなくて現役時代はフォアハンドやフットワークを多く練習していた人でもこの戦術は成り立つので使われてるのかなと。

だけど両ハンド型はさまざまな戦術に対応しやすく、万能さで言えばやはり最強戦術だと思います。(結論)

もうあと数年で自分も社会人ですが、練習が少なくても勝てるように工夫するようになれるように努力したいなぁと深く感じました。