こんにちは。
巷ではアンディーズ杯が盛り上がっていますが、自分は別の大会に出てきました。A、Bに分かれてやるオープン大会です。景品はAの方が豪華でした。使用用具はディアスウルトラパワーFLにフォア ゴールデンタンゴ特厚にバック マントラS特厚です。

大会概要

規模:15〜20人

年代:中学生〜40代

ルール:予選リーグをやってから上位下位に分かれてトーナメント

レベル:自分よりちょっと強い人が数人いるくらい

予選リーグ

1回戦目 VSクラブ通ってる裏裏シェーク中学生
0-3負け

い つ も の
初戦で足が動かなくて中途半端なバックを振ってそれを若気の至りドライブで点数を重ねられ負けました。ほんとにそれだけです。つらい

2回戦目 VS老獪なプレーを展開して来る反転式ペン表ソフトとマークVを使うシニア
2-3負け

まだ足が動かずサーブ持ちでも何もできず決定率が高く精度も高いミートをバカスカ打たれて、苦し紛れのドライブもコース突かれて繋がれて2セット取られる。
そこからはフォア前への逆下横回転サーブが効き、足も動くようになってきて繋がれてもしつこくドライブを打ち続けて2セット取り返すが、最終セットの肝心なところでサーブが浮いてミートを叩き込まれ、点差が開いて負け。く"や"し"い"ぃ"

3回戦目 VS社会人になりたてっぽい日ペン裏
0-3負け

結構実力差があった気がする。サーブを持てても自分から先に攻めることが出来ずにドライブを打たれて自分がどんどん下げさせられた。レシーブ時も然り。しつこくドライブ打ってもブロックが堅く結構返される。点数的には競ったけどちょっと勝てないなと感じた。

開会前の乱打を観てて「あれ?意外と
レベル的には結構良いところまで行けんじゃね?」と思っていたら周りはツッツキラリーでドライブしたら終わりなところ、自分のいる予選リーグのコートだけ何故か激アツラリーが繰り広げられていた😂

決勝リーグ(下位)

1回戦目 VS社会人の裏表シェークの人
3-0勝ち

クリッパーにゴールデンタンゴで一瞬ビビったが、フォア前に巻き込み出して3球目をバック側に打って手堅く勝った。

2回戦目 VS裏裏シェークの人
3-1勝ち

両ハンドの一発がそこそこ強く、1セット目はビビっていたが、一発しか打てないことに気づいて左右に揺さぶってミスを誘って勝った。ここまで来ると足も自然と動いて、自分の展開もドライブも好調だった。

3回戦目(決勝) VS裏裏シェークの人
3-0勝ち

自分が予選で負けた中学生を倒して上がってきた。ミートが上手かったが、それを上手く打ちにくい球を出し続けてミスを誘った。相手のサーブが少しでも浮いてたりサーブが出たりしたらドライブを打ちにいって得点に繋げられた。割と圧勝だった。

決勝リーグは足が動き始めて、台の弾みにも慣れてきて負けそうな感じはしなかった。

総括
結果的には下位トーナメント優勝ではありましたが、毎回大会行って反省することをまたしてもやってしまったなといった感じ。初戦は足が動かないので無理矢理にミスしてでもドライブをガンガン打つべきなのだろうか?性質的にも振り切った方がいい用具を使っているのでやはりビビった時点で負けである。サーブなどで上回転の球がバックに来た時に相手がよほど強くなければ回り込んでも回転さえかかっていればフォア側にはブロックされないだろうなぁといったこともよくわかった。

ともかく予選リーグのレベルが少し高かったせいで決勝トーナメントは腰砕け感があった。自分は温まるまでに時間がかかるからもっと早く温まる方法を多くの大会に出ることで覚えていきたい。ちなみに予選リーグで自分が負けた人たちは下位リーグに行った中学生は自分と当たる前に負けて、上位リーグに行った2名は決勝であたりで1位と2位でしたとさ、とほほ… 

Aリーグの方はというとトーナメントの決勝は結構レベルが高かったが、不思議なことにそれ以外はBリーグの上位リーグよりもレベルが低めだなと感じた。強い人が謙遜しまくった結果がこれなのかもしれない…謙遜、ダメ。ゼッタイ。下位リーグなのに優勝したら商品がもらえる太っ腹大会でした。また機会があれば参加したいです。

IMG_5422
※もらった景品