こんにちは。
今日も卓球場が熱いです(気持ち的にも物理的にも)

ラケットをラバーそのままにフォルティウスft→ディアスウルトラパワーに変え、この夏はやっていきたいと思います。(もしかしたらフォアだけはQ4→オメガ5ツアーdfにするかも?)

そんなこんなで夏休みが始まりましたが、おそらく人生で最後の卓球にガッツリとのめり込める夏季長期間休みです。無駄にはできません。

そこで、目標を立てて、それに向かって毎回の練習に対する細かな小さい目標を立てていこうと思います。大きく分けて、短所を消すという目標と長所を伸ばすといった目標の二本立てで行きます。

短所に対しての目標
☆バックハンドでチキって上に振る癖をなくす
☆台から出た球をツッツかず最低でもループドライブ
・フットワークは基本的に2歩動にして動く
・長くツッツいたら基本的に台より少し奥に戻る
・入れるバックハンドでミスをしない。フリーハンドを引く動作ができる
☆見ながら動く戻るをできる

長所に対しての目標
・ストップからバックツッツキを強く差し込む時に、コースはほぼ角に落とせる。
☆サイドを切らない限りどのコースに下回転が来ても8割はフォアドライブが入る
☆上回転レシーブに対してフォアドライブが8割入る
☆下回転サーブを出した後相手のレシーブに対して、5球目に備えてループするか3球目で決めるかを瞬時に判断
・フォアドライブのコースでミドル→バックorフォアドライブが出来る。
☆苦しい体勢になったときはループドライブで時間を作る。
・ブロックで相手のいないコースを瞬時に確認し返球できる

最終目標は3球目のミスが少なく確実に自分のサーブで点が取れる。レシーブ時は相手に無理に打たせてブロックで捕まえる。簡単にミスしないから、相手も無理しなきゃいけなくなるようなプレースタイルが出来るようになりたい。

大学生となると両ハンドをブンブン振り、チャンスは自分で作り出すといったイメージがあるがそれと違い、守備力(球を入れる力)を上げて相手の苦手なところに運び、チャンスボールを待ちフォアで決める。野球で例えると三振を取るピッチャーというよりは打たせて取りにいくピッチャーといった感じである(さらに分かりづらいか…)卓球の現役のプロ選手で言えばグナナセカラン選手が近いかも。
これは自分の最も調子のよかった時の戦術イメージでもある。
IMG_5294
※画像はイメージです

とにかく夏休みは練習三昧、大会三昧できるので技術感覚、試合勘も掴みやすいのでここで何かを得たいところです。